2018年4月21日土曜日

端正なタイトスカートを仕上げるために

スカートにはプリーツスカート、フレアスカート、ギャザースカートなどいろいろな形がありますが、最も基本となるのがタイトスカートです。

理想的なタイトスカートは無駄な線や緩みが無く、体に立体的に沿った釣鐘型になります。
この理想形に仕上げるために、縫製工場では様々なことを考えながら制作していきます。

まず、体の横の垂直方向の曲線と、おへそから脇に向かう水平方向の曲線の形を計算し、型紙を作ります。さらに、ダーツの長さ、深さと入れる位置を決めます。
縫製の面でも、ベルトを付ける時に、スカート側の縫い代の上部に非常に細かいギャザーを寄せて縫うなど、細かなテクニックを用います。

これらの工夫によって、脇の線が美しく、裾の線も床と平行となり端正なタイトスカートになります。スカートの美しさは縫製の工夫と技術に支えられているのです。