2019年12月22日日曜日

服を選ぶという文化

私たちは毎日服を選んで着ています。まずは、その日の天気・気温、雨や晴れ、暑い寒いなどの条件を考えて服を選ぶとは思いますが、その時々の気分、元気があったり、少し沈んでいたり、そんなことでも手に取る服は違うでしょう。つまり、着ている洋服はその時々の自分の状況に合わせて選ばれたものです。

しかし、本当にそれだけでしょうか。人が服を選ぶとき、実際には同時に他の人達のことも考えて選んでいるように思います。

例えば結婚式などですと、お祝いとお慶びを伝えられるように、華やかなドレスを選ぶでしょう。しかも、花嫁の色である白の服は主役を際立たせるために選びません。お葬式では、お悔やみや悲しみに合うように、決まった形式の喪服を着ることになります。間違っても、そこに集まっている人達の気持ちを壊してしまわないように、服選びでも気遣いをします。親しい友人とランチに行くときには、親しみや敬意を込めて、相手の好みを考えた服を着て行くでしょう。決めなければならない商談では、ビジネスコードを考えた上で「勝負服」を着ていくかもしれません。

このように、自分のことだけではなく、その日会う人々や行く場所の雰囲気などに合うように服を着ていく、それは「服を選ぶという文化」と言えるでしょう。ただ服を選ぶというそれだけのことでも、私たちは少しずつ社会に参加し、文化を形作っているのです。

2019年6月15日土曜日

生地による印象の違い

以前、お客様の依頼で、同じ型紙を使って二種類の生地でジャンパースカートを作ったことがあります。

一つは厚みがあり、色数の多い柄のはっきりした生地、もう一つは薄くなめらかで柄のない無地の布地でした。縫製を行い、できあがってみるとその二つの印象は全く違っていました。

厚い生地から作った方はセーターに合いそうなカジュアルな感じに、薄い生地から作った方は柔らかいブラウスを合わせてフォーマルに着こなせるような感じになりました。それは同じ型紙を使って作ったとは思えないほどでした。

このように、同じ形であっても、生地の厚み、柔らかさ、手触りなどで、出来上がった物の風合いが変わり、受ける印象は異なります。例えば生地が違えば、着た時に体の線に沿う、沿わないで動きや揺れかたが変わります。生地の色や柄が違えばなおさら違ってくるでしょう。

したがって、洋服のデザインを考えるときには、生地を選ぶのが重要で疎かにできないのです。

2019年3月1日金曜日

柄合わせ

無地や細かい柄、上下左右のない柄のものでは必要ないのですが、チェック柄や大きい柄、一枚の絵になっているような柄の洋服では、柄が続くように複数のパーツを縫い合わせなければなりません。例えばチェック柄では本体の横の線が脇の縫目で合い、さらに袖の柄の線とも合うようします。また、縦の線も服の中央でチェックの間隔がつながるようします。このような柄合わせが必要な場合、裁断と縫製に大変気を使うことになります。

柄合わせの必要のある布を何枚も重ねて裁断するときのことを考えてみましょう。このときは柄がずれないように重ねるところがポイントです。裁断台の上の高い位置の二ヶ所から垂直にレーザー光線をあてて、柄を合わせるポイントを外さないように、一枚ずつ重ねていきます。こうして重ねた布を垂直に裁断機で切ると完全に同じ柄のパーツがすれ無くできることになります。

こうして出来たパーツを柄を合わせながら縫っていきます。家庭の洋裁では待ち針を打って柄をずれないように重ねるのが普通ですが、工場の生産ではスピードが求められるため、この方法は使えません。そこで、手で加減をして、柄合わせをしながら縫います。技術は求められますが、生産性を保ちながら良い仕上がりとすることが出来ます。

柄合わせは裁断の際にも縫製の際にも手間がかかります。それでも柄合わせをするのは、全体を見た時にスッキリさせるというデザイナーの意図を活かしたいからです手間と時間を掛ける値打ちはあると考えています。

2019年2月4日月曜日

裾幅の広いスカートを作る

フレアスカートやギャザースカートのような裾幅の広いスカートを美しく仕立てるのは難しい作業です。まずは歩いた時に均等に揺れるようでなければなりませんし、それでいて、立ち止まったときには元に戻って収まっているようでなければなりません。特に生地の分量の多いスカートほど様々に気配りが必要になります。

このような条件をクリアするためには、デザイン画を立体にする型紙制作の段階が重要になります。ウエスト、腰など体の丸みに沿わせて型紙を作っていきます。布が大きすぎてシワができたり、逆に小さすぎて引きつれたりしないように出来なければ、動と静の2つの状態で美しいスカートを作ることは出来ません。

また、縫い方も美しさを大きく左右します。例えば、布をつまむように縫うことでふくらみをもたせる事ができます。裾の縫い方も種類があって生地の性質から良い方法を選びます。裾を折り上げて縫う時には表側に響かないように糸の強さを考え、裏側になる布にしわたるみが出ないように注意する必要があります。何種類かの特殊ミシンを使い分けたり、手縫いを組み合わせたりすることで、デザインと生地にとって最適な縫い上がりに仕上げます。

こうした様々な工夫を凝らした結果、美しく揺れて美しく収まるスカートが作られるのです。

2018年9月30日日曜日

魅力的な服の理由

街を歩いている人の服を見て、いい服だなあと振り返りたくなる時があります。雑誌のページをめくっていて、載っている洋服の写真から目を離せない事もあります。

奇をてらったデザインというわけではない、ブラウスやジャケット、パンツ…。特別なものではないのに、いい洋服だと目を止めたくなる理由は、いったいどこにあるのでしょう。
例えばブラウスだと、衿やポケットのまるみはなめらかな線になっていること。ジャケットだと、打ち合わせの上と下が合っていること。パンツだと、腰の線に沿い余分なシワなどが出ていないこと。つまりは、基本的なところをないがしろにしていない、当たり前の事が当たり前にできている、そういった洋服が人の目を引く魅力を持っているのです。

基本的なところをきちんと仕上げるためには、重ねる手間を惜しまず、培った技術を活かして縫製をすることが必要です。

そのように丁寧に作られたいい服は魅力的な印象を与えるのでしょう。着ている本人も楽しい気分で元気よく過ごせるようになります。一着、一着、そんな服を増やしていければ楽しみも増えていくのではないでしょうか。

2018年8月31日金曜日

洋服を手入れする日常

ここしばらくは短い時間で数多くの洋服を買い、消費していく、そんなファストファッション全盛の時代です。

しかし、洋服を手入れして、大切に長く持つものにするのも、また素敵なものです。お気に入りの洋服を、手洗いしたり、アイロンがけしたりして手入れをする。そんな時間も楽しむことができるのではないでしょうか。

生地を見極めて裁断し丁寧に縫製された洋服は、洗って干す時に歪みが出にくく、型崩れを起こしにくいです。また、歪みが出ないので、アイロンが気持ちよくかかり、掛けるときの生地のダメージも小さくなります。結果的に洋服が長持ちします。そうした洋服は手入れを重ねることで段々と自分に馴染み、愛着のある自分だけの服になっていきます。

手入れの甲斐があるような、きちんとした洋服を選んでいけば日常が変わっていくかもしれません。

2018年7月30日月曜日

袖を付ける

服は様々なパーツで出来ています。それぞれのパーツの出来不出来によって、全体の印象は大きく左右されます。その中でも、特に袖 (そで) の仕上がりは服の品格を決める重要な要素です。

胴体部分つまり身頃 (みごろ) に袖をつける工程は、平面の布を縫い合わせて立体にする必要があるため、簡単ではありません。デザインにもよりますが、袖が身頃にふわりと載っていることが、袖の取り付けとして最良な状態です。

良い仕上がりのために、袖の縫代 (ぬいしろ) に非常に細かいしわを入れます。このとき、しわを入れようと意識するのではなく、二枚の布のひっぱり加減で機械自体が細かいしわを入れるという感覚で縫うと、表側には響かせずに立体的な袖がつきます。

このように縫われた袖は、自然に身頃に沿うように出来上がるのです。それは、縫う人の熟練の技術と豊富な経験で出来ることであり、これらが服の上質さを支えています。