2019年2月4日月曜日

裾幅の広いスカートを作る

フレアスカートやギャザースカートのような裾幅の広いスカートを美しく仕立てるのは難しい作業です。まずは歩いた時に均等に揺れるようでなければなりませんし、それでいて、立ち止まったときには元に戻って収まっているようでなければなりません。特に生地の分量の多いスカートほど様々に気配りが必要になります。

このような条件をクリアするためには、デザイン画を立体にする型紙制作の段階が重要になります。ウエスト、腰など体の丸みに沿わせて型紙を作っていきます。布が大きすぎてシワができたり、逆に小さすぎて引きつれたりしないように出来なければ、動と静の2つの状態で美しいスカートを作ることは出来ません。

また、縫い方も美しさを大きく左右します。例えば、布をつまむように縫うことでふくらみをもたせる事ができます。裾の縫い方も種類があって生地の性質から良い方法を選びます。裾を折り上げて縫う時には表側に響かないように糸の強さを考え、裏側になる布にしわたるみが出ないように注意する必要があります。何種類かの特殊ミシンを使い分けたり、手縫いを組み合わせたりすることで、デザインと生地にとって最適な縫い上がりに仕上げます。

こうした様々な工夫を凝らした結果、美しく揺れて美しく収まるスカートが作られるのです。